ルトラールの正しい用法について、ちゃんと知ってる?

不妊治療で使われる薬の一つには、「ルトラール」というものがあります。これは、女性ホルモンにアプローチし、不妊症の女性でも、妊娠しやすい身体作りにしてくれるものです。

不妊症でお悩みの方の中には、このルトラールをお使いの方、あるいは知っているという方も、決して少なくないのではないでしょうか?

しかし、ルトラールを利用している方でも、その効果や副作用などの注意点について、正しく理解していない方も多いでしょう。

今回は、そんな方達のためにも、ルトラールがどのような薬で、どのような効果や副作用があるかという点について、詳しくまとめてみました。是非ご参考にしてみてください。

ルトラールは黄体ホルモンに働きかけるもの

女性の体内では、生理周期を管理している二つの女性ホルモンが分泌されています。
無事に排卵するために、卵胞を成熟させてくれる卵胞ホルモン(エストロゲン)と、排卵後に子宮内膜を厚くし、妊娠しやすい身体にしてくれる黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つです。

本来なら、この二つの女性ホルモンが、代わりばんこに分泌される事で、月経周期を上手に作り出しています。しかし、何らかの理由によって、これらのホルモンの分泌量が減ってしまうと、生理周期も正常にならず、不規則になってしまい、不妊の原因になる事があるのです!

このような場合に、ルトラールを使用すると、ホルモンバランスをきちんと正常にしてくれます。だからこそ、ルトラールは不妊治療に効くと言われているのです!

黄体ホルモンであるプロゲステロンは、人工的に黄体ホルモンを合成し、経口服用し、体内の黄体ホルモンを増加させてくれます。人工的に作られるのですが、いったん体内に入ると、普通の黄体ホルモンと同じような働きを担ってくれます。

ルトラールの効果にはどんなものがあるの?

気になるのが、ルトラールを使って本当に効果があるのか?という事ですよね。黄体ホルモンの分泌が減少してしまうと、女性の身体には、色々な症状が現れてきます。生理が来なくなる無月経や、周期が不規則になる月経周期異常などの症状です。

ルトラールを服用する事により、このような生理の不調も、正しく治していく事が可能です。
黄体ホルモン自体が分泌できなくなる卵巣機能不全や、月経機能不全が原因の不妊症でも、ルトラールを使用すると、黄体ホルモンを補い、妊娠効果を高めてくれます。

ルトラールはこうやって飲む!

ルトラールを飲む場合には、一日1~6錠を、1~3回に分けて飲みましょう。使用量は、症状によって違います。補充すべき黄体ホルモンが多い程、使用量も必然的に増えていきます。

ルトラールを服用している間は、妊娠しやすい時期である高温期が続き、服用を止めると、数日後に生理が起きるようになるのが、正常な流れです。人工的に生理周期を作り出し、色々な症状や機能を改善させるのが、ルトラール服用の目的です。